支出を減らす!お得なシロタンのオススメ節約術

もったいないと言う考え方は貧乏への道しるべ

 

日本は豊かな国です、シロタン達のまわりもたくさんの物が溢れかえり毎日快適に暮らせていますね。

 

たくさん物があるということは要らないものだってたくさんあるものです。

 

みなさんはそんな要らないもの(不用品)をきちんと捨てられていますか?もしくは売却するなりしてきちんと整理できているでしょうか?

 

よく「もったいない!」と必要のないものまでとっておく人がいますが、実はその考え方は貧乏人特有の考え方に当てはまることがあります。

 

全ての人が当てはまるわけではないのです。

 

使えるものを使うときに使用するのは大切なこと、でも不必要なものをいつか使うかもしれないからとずっととっておくのは貧乏人ということ。

 

お金持ちはそういう考え方はしないのだそうですよ。

 

自分にとっているものやいらないものは即座に判断してきっちりと区別するみたいですからね。

 

そんな「もったいない」と言う考え方を貧乏人とお金持ちの人がどのように考えているのかをみてみましょう。

 

お金持ちはそもそも必要なものしか身近に置かない

 

物を捨てるという行為は確かにもったいないと思うものですよね。

 

使えるものは捨てない、物を大切に長く使うということはどちらかというとお金持ち的な発想に思えます。

 

しかしその考え方はどちらかというと貧乏人の発想なのだそう。

 

物がたくさんありすぎるとまず管理することが困難になってきます。

 

するとすでに持っているものでもまた同じものを購入しムダにお金を使うことに繋がります。

 

そしてまた物がどんどんと増えていく…というスパイラルにおちいりやすいのです。

 

さらにいうとそのような人は物を管理する能力が低いためどこに何があるのかを把握できていない傾向にあるんですよ。

 

物を管理ができないということはその他のこと、つまりはお金や情報も管理が苦手であると言えます。

 

 

それに比べてお金持ちの人はどういう考えなのか。

 

そもそもお金持ちの人はいるものいらないものはその都度きちんと考えており簡単に物は購入しません。

 

物がないから管理も簡単だし常に把握できるよう整理整頓は当たり前でしているのです。

 

もちろんこれはお金にも情報にも当てはまります。

 

自分がわかりやすいように頭の中で整理しいつでも必要な情報を取り出せるよう管理しているのですね。

 

貧乏な人ほど部屋の中は物で溢れている傾向にありお金持ちの部屋はとてもシンプルなのがその証拠。

 

溢れかえるものや情報をいかに整理し整頓するかが貧乏人とお金持ちの境界線と言えるでしょう。

 

 

また必要のないものは思い切って捨てることが大事。

 

シロタンが調べた情報では使うか使わないか迷ったものというのは90%以上の確率で1年以内に使用することはないそうです。

 

ですからそういったものは捨てるか売却しなるべく身の回りを整理しておくと良いですね。

 

使わなくなった口座なんかも必要なものだけ残して後は解約したり、クレジットカードもまとめて数枚に減らしておくと管理が楽です。

 

台所の冷蔵庫や棚にあるものも賞味期限が過ぎているものもたくさんあるはず。

 

賞味期限が過ぎているものや全然使わないものは捨ててなるべくシンプルに過ごせるよう身の回りを片付けていくことがお金持ちへの一歩なのだそうです。

 

シロタンも使ってるかなりのお得サイトです!絶対見ておくべし

シロタン愛用!旅行・グルメ・コスメなど50〜70%は当たり前に割引きしてます。
節約するにははずせないので絶対に登録しておくべきサイトと言えますね。
↓↓


こちらも旅行や外食、お取り寄せなどかなりの割引きができるクーポンサイトです。
最大なんと100%オフと言うクーポンもありますので登録は必須ですよ。
↓↓


無料で食料品やドリンク、コスメなど色々なものがたくさんもらえます!
実際にシロタンもたくさん食料品をゲットできているので絶対にオススメできますよ。
↓↓



シロタンの副収入錬金術 シロタンのメインブログ シロタンのミニブログ